読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒモの手帖

今日は何を作ろうか

塩鮭の炊き込みご飯

私が大好きな焼き鳥屋さんのメニューには、なぜか釜めしが用意されていて、これが絶品。春はあさりやたけのこ、冬は蟹や牡蠣といった具合に季節ごとの具もあったりするのだけれど通年あるのが鮭釜めし。お米の上にちょこんと塩鮭がのっていて、ぱらぱらと黒胡麻がふられているだけのシンプルな釜めし。しかし、飾り気が無いと侮ること勿れ、お米はぴかぴか、塩鮭はふっくらとして、皮なんて銀色に輝いているのです。これがなかなかどうして、すこぶるおいしい。それもひと口食べて「すごい!おいしい!!」という類のものではなくて、ひと口、ふた口、み口あたりからしみじみと「おいしいなぁ」という言葉が滲み出てくるような、そんなおいしさなのです。その鮭釜めしに似たものを、なんとか家で作れないかと試行錯誤したのが塩鮭の炊き込みご飯です。手間も時間もかかりません。唯一のコツは少しおいしい塩鮭を使うこと。

【材料】2合分
おいしい塩鮭 2切れ
おいしいお米 2合
水(酒の分量も含めて) 2合分
酒 大さじ2
塩 小さじ2弱
昆布 1枚
黒胡麻(お好みで) 適量

【作り方】
まずはお米を研ぎます。

炊飯器に移して、酒の分量を含めて2合分で水加減をします。

塩を加えて軽く混ぜ、昆布、塩鮭の順番でお米の上にのせましょう。

あとはご飯を炊くだけです。
ご飯を炊く時は、お米を少し水に浸してからの方がいいとか、ざるにあげて置いた方がいいとか色んな話を聞きますが私はすぐに炊いてしまいます。それでも十分おいしく炊くことができるので、ご安心ください。

炊き上がったら塩鮭の骨を抜いて、皮ごとほぐしてご飯と合わせます。器によそり、黒胡麻をぱらりとふったら出来上がりです。熱々のうちに召し上がれ。