読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒモの手帖

今日は何を作ろうか

鶏肉の白ワイン酢煮込み

お酢で煮るのに出来上がりは酸っぱくない不思議でおいしい煮込み料理。昔、私の母がよく作ってくれた料理のひとつで、キッチンから酸っぱい匂いが漂ってくると今晩の夕ご飯はこれだ!と喜んだものでした。
 お酢はじっくりふつふつと煮詰めてあげるとツンとした匂いや酸味が全て旨みに変わります。また、鶏肉とお酢は意外と相性がよく、スペインやフィリピンでは鶏肉をはじめとする具をお酢で煮るアドボという料理が親しまれています。
 この煮込み料理でなにより大切なことは骨付きの鶏肉を入れることと、しっかりおいしそうな焼き色をつけること。香ばしく焼かれた皮や骨には濃厚な旨味がたっぷり。それが溶け出たソースは絶品です。
 白ワイン酢が無い時は日本の米酢やりんご酢でもおいしくできます。その時はできれば白ワインか日本酒を入れてあげると味がぐんっと良くなります。一度にたくさん作ることもできるので、おもてなしにもぴったりです。ぜひ、一度お試しください。

【材料】
鶏肉 できれば骨付きとそうでないもの2パック
塩 適量
にんにく 2片
白ワイン酢 カップ3分の2
トマト缶 1缶
水 1カップ
植物油 適量

【作り方】
まずは鶏肉に少し多めに塩を振って、よく揉み込み10分〜30分くらい置いておきます。

時間が経って塩が馴染んできたら鍋に少しの油を引いて強火で熱し、鶏肉を皮目から焼いていきます。ジュッと音がしたら後は中火〜弱火でじっくり焼いていきます。

皮目をバリッと焼いたらひっくり返して弱火に、お肉の面は全体を白くするくらいで大丈夫です。中まで完全に火を入れる必要はありません。

鍋を洗って、少しの油、潰して刻んだにんにくを入れて火にかけます。香りが出てきたらトマト缶、白ワイン酢、塩、水を加えてひと煮立ちさせ、おいしそうに焼いた鶏肉を加えます。少しずらして蓋をして鶏肉が柔らかくなるまで弱火でふつふつ煮ていきます。

途中で汁気が無くなってきたら適宜、水を足して煮てください。

仕上げに鶏肉の柔らかさと味を見て必要に応じて塩で味を調えたら出来上がり。お酢のおかげでお肉はしっとり柔らか、骨離れもとっても良いです。ソースもおいしいので、ぜひパンと一緒に召し上がれ!