ヒモの手帖

今日は何を作ろうか

鶏のオーブン焼き

いよいよ年の瀬が近づいてくるとクリスマスに忘年会とイベントがたくさん。なにかと家にお客さんを招くことも増えてくる季節かと思います。1年の締めくくりは素敵なレストランや美味しい料理屋さんで!というのも良いですが、気心の知れた友達や大切な人と家でやるクリスマス会や忘年会もなかなかに楽しいものです。そんなお家ディナーを盛り上げるひと品として鶏のオーブン焼きはいかがでしょう?骨つき肉を使えば簡単なのにとっても豪華に、切ってあるもも肉を使えば手軽に、食べやすいメインになります。皮はパリパリ、お肉はジューシー、下に敷いた玉ねぎとじゃがいもは鶏肉のうまみたっぷりの肉汁を吸って、おいしいご馳走に早変わりです。

【材料】約2人分
鶏もも肉 骨つきなら2本、骨なしなら2枚
じゃがいも 3個
玉ねぎ 1個
塩(骨つきの場合は少し多めに) 適量
お好みのハーブ・スパイス 適量
ローズマリーやタイム、コリアンダーなど)
ハチミツ 少々
オリーブ油(たっぷりと) 適量

【作り方】
まず、鶏肉についている余分な脂や皮を取り除き、塩、ハーブ、スパイスを揉み込みます。塩の粒が肉に馴染んできたら常温で30分ほど置いておきましょう。オーブンも200度で予熱しておきます。

肉を置いている間にじゃがいもの皮を剥き、食べやすい大きさにスライスし、沸騰したお湯に塩を加えて茹でます。竹串で刺してみてスッと入ったら茹で上がりです。

玉ねぎは薄切りにして、茹でたじゃがいもと一緒にオリーブ油と塩少々で和えます。天板に玉ねぎとじゃがいも、鶏肉の順にのせて鶏肉の表面に薄くハチミツを塗ります。仕上げにもう一度、オリーブ油を回しかけます。

オーブンに入れて30〜40分ほど、鶏肉にこんがりとおいしそうな焼き色がついたら出来上がりです。


広告を非表示にする