ヒモの手帖

今日は何を作ろうか

かぼちゃの煮物

時々、無性に食べたくなるかぼちゃの煮物。濃い深緑色と鮮やかな黄色のツートンカラーは目に鮮やか。手軽なこともあって、我が家では皮を剥かずに煮てしまいます。出汁なんかで煮なくても、ほっくり、しっとりと煮上がったかぼちゃは十分にご馳走です。華やかさや目新しさは無いけれど、食べるとどこかほっとする食卓の名脇役です。

【材料】約2人分
かぼちゃ 2分の1個
水(かぼちゃがひたひたに浸るくらい) 適量
醤油 大さじ3
酒 大さじ1
砂糖 大さじ3
塩 少々

【作り方】
まず、かぼちゃのワタを取り除いて、食べやすい大きさに切ります。生のかぼちゃはとても硬いので手を切らないようにお気をつけください。

鍋にかぼちゃを入れて、水をひたひたに加えます。塩以外の調味料も全て加えましょう。

中火にかけて、ひと煮立ちさせます。ここで味見をして塩で味を調えます。硬いかぼちゃを煮含めるために少し濃いめの方がよろしいかと思います。

落とし蓋をして弱火でふつふつ、かぼちゃが柔らかくなるまで煮たら出来上がり。

もちろん、出来立てもおいしいけれど一晩置くと味が落ち着いて、よく馴染みます。お弁当のおそうざいにもぴったりです。


広告を非表示にする