読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒモの手帖

今日は何を作ろうか

じゃがいものグラタン

寒い季節になると我が家ではグラタンをよく作ります。牡蠣のグラタン、葱のグラタン、魚介のグラタンetc...。中でも基本となるじゃがいものグラタンはシンプルな材料で、簡単にでき、食べ飽きないため、ひと冬に何度も作ります。また、一度じゃがいものグラタンを覚えてしまえば具を変えるだけでいろいろなグラタンを簡単に作ることができます。ほくほくのじゃがいもにとろとろのホワイトソース、こんがりと香ばしく焼けたチーズが冷えた体だけでなく、心まで温めてくれます。

【材料】約2〜3人分
じゃがいも(大きさによって) 3〜4個
小麦粉 大さじ4
バター 小麦粉と同量くらい
牛乳 (お好みによって)500ml〜
塩 適量
チーズ 適量
粉チーズ 適量
にんにく 1片

【作り方】
まず、じゃがいもを洗って皮付きのまま、ひたひたの水からたっぷりの塩を加えて茹でます。

じゃがいもを茹でている間にホワイトソースを作りましょう。鍋にバターを入れてごく弱火で溶かします。全て溶けたら中火にしてバターの泡がふつふつと小さくなるのを待ちます。泡が小さくなったら火を止めて、小麦粉を加えます。泡立て器や木べらでダマがなくなるまで、よく混ぜます。

ダマが無くなったら再び火をつけ、弱火〜中火で小麦粉を炒めていきます。はじめは粉臭くて、もそもそとしていますが、じっくりと火を通すことで粉臭さは無くなり、突然サラッと溶けたようになめらかになります。こうなったら粉にしっかり火が通ったサインです。火を止めて、牛乳を少しずつ加えてのばしていきましょう。

ある程度牛乳が入ったら再び火をつけて、弱火〜中火にしてなめらかになるまで牛乳を加えながら練っていきます。お好みのとろみになったところで塩で味を調えてホワイトソースのできあがり。

茹でていたじゃがいもは竹串や箸を刺してみて、スッと入れば茹で上がり。熱い熱いと言いながら手早く皮を剥いていきます。包丁で浅く一周切れ込みを入れると剥きやすいです。

じゃがいもを剥き終わったら耐熱皿ににんにくを擦り付けて香りをつけます。剥いたじゃがいもをスライスしてきれいに並べて、ホワイトソースをたっぷりとかけます。チーズと粉チーズをまんべんなくふってオーブンやトースター、グリルでこんがりとおいしそうな焼き色がつくまで焼き上げます。冷めないうちに召し上がれ!